【採用支援】会社案内パンフレットと採用案内パンフレットの違いとは?

  1. 印刷物制作
  2. 159 view

コロナウイルスの影響で合同説明会も中止となり、webを活用した採用活動がテレビや新聞などのメディアで取りあげられるようになってきました。
合同説明会がなければパンフレットなどの採用ツールも必要ないと思われがちですが、会社案内パンフレットを資料請求して企業研究をする学生も少なからずいらっしゃるようです。

そもそも会社案内パンフレットと採用案内パンフレットは何がどう違うのか。
今回はその辺りを解説していきたいと思います。

会社案内パンフレットとは?

会社案内パンフレットとは、会社の来歴や概要を説明するためのパンフレットのことを指します。
これらの多くは商談やオフィスの受付、店舗窓口での配布であったり、商品と一緒にお客様にお渡しすることが想定されます。

会社案内パンフレットの配布の目的とは?

配布の目的としては、

  • 企業ブランディングとして、お客様に会社のことを知っていただくため
  • お客様に会社の様子をお見せして信頼感を持っていただくため
  • 新規顧客の拡大のため

というものが考えられます。

会社案内パンフレットの内容とは?

パンフレットの内容としては、

  • 代表者のご挨拶
  • 企業理念
  • 事業概要としてサービス・製品の紹介など
  • 会社の概要・沿革

といった項目が入ります。

会社案内パンフレットも会社の魅力を知るには大切なツールですが、見せたい相手(ターゲット)が取引先やお客様なので就職希望者が「就職したい!」と思える情報は少ない場合がほとんどです。
待遇や福利厚生が不明な会社に入りたいとは思えませんよね。

採用ツール丸投げOK!
魅力的な採用案内パンフレットはダイワインクスにお任せください。

採用案内パンフレットとは?

採用案内パンフレット、または入社案内パンフレットは、合同説明会や採用活動の場面で配布するものです。
もしくは、近年リファーラル採用に力を入れている会社では「ぜひ入社してもらいたい!」と思った人へ前もって渡すという場面も多いかもしれません。
主に就職を希望する学生をターゲットに作成されます。

採用案内パンフレットの配布の目的とは?

配布の目的としては、

  • 就職希望者に会社を知ってもらうため
  • 就職希望者に入社してもらうため

というものが考えられます。

採用案内パンフレットの内容とは?

パンフレットの内容としては、

  • 企業理念・ビジョン・行動指針
  • 会社の概要・沿革・組織図
  • 事業概要としてサービス・製品の紹介
  • 福利厚生・研修制度・キャリアプラン
  • 社長メッセージ・社員インタビュー・社員の一日

という構成が多いようです。

また、ターゲットが主に就職を希望する学生ということもあり、会社案内よりも堅苦しくないものである場合は多いようです。
ここで重要なことは、【就職を希望する学生】の目的は就職であり、必ずしもその会社に興味があるわけではないということ。
興味・関心が低い相手にとにかく興味を持ってもらい、志望してもらうためにも、内容の構成には注意したいものです。
「この会社で、この人たちと一緒に働きたい!」と思ってもらえるように作成しましょう。

採用ツール丸投げOK!
採用案内パンフレットと一緒に、その他の採用ツールもダイワインクスで一括制作いたします。

採用案内パンフレットを成功させるためのポイント

ポイントをいくつかにまとめてみましたので、ぜひご参考にしてください。

社内の雰囲気が伝わる写真をたくさん使いましょう

写真がたくさんあると、社内の雰囲気もつかみやすいですよね。
その企業ごとの雰囲気や価値観を知ると親しみやすくなるのではないでしょうか。
無理に美しい写真である必要はありませんが、写真がないという方は外部のカメラマンを依頼してみる良いかもしれません。
社内の人では気がつかなかった視点で撮影してくれることもあります。
ターゲットである学生が、実際に自分が働く様子をイメージしやすいように社内のいろいろな写真を掲載してみましょう!

説明よりもメッセージにしてみましょう

事業内容や企業理念を一方的に説明されるよりも、社長や社員からのメッセージを通して伝えた方が学生には分かりやすいかもしれません。
特に企業理念やビジョン、行動指針については、なぜそれができたのか、エピソードを交えてストーリー仕立てで説明してみると共感を得やすくなります。
どんな思いで日々どんなことに取り組んでいるか、思いを伝えてみましょう。

働く環境やワークライフバランスを伝えてみましょう

昨今の学生は働く環境やワークライフバランスに対する意識が高い傾向にあります。
福利厚生や研修制度など、グラフや表、インフォグラフィックなどで分かりやすくすることも大切です。
残業時間や育休取得率、ワークライフバランスに関わる情報はデータ等で表現しやすいので、グラフなどをうまく活用すると視覚的にも頭に入りやすく、おすすめです!

まとめ

会社案内パンフレットは主に取引先やお客様をターゲットとし、会社の魅力を知ってもらうために会社の概要や事業概要としてサービスや製品の紹介を掲載し、取引を円滑にすることを目的としたパンフレットです。
採用案内パンフレットは主に就職を希望する学生をターゲットとし、社内の雰囲気や社長・社員からのメッセージ、働く環境などの情報を伝え、一緒に働きたいと思ってもらうことを目的としたパンフレットです。

会社案内パンフレットは販促・企業ブランディングツール、採用案内パンフレットは採用ツールとして、それぞれ役割が異なるものです。
対象と目的がそれぞれ別物であるということを理解し、ツールとして適切に活用していきたいですね。

採用ツール丸投げOK!
ダイワインクスは中小企業の採用活動を応援します。

販売促進・採用強化、
まずはお気軽にご相談ください!

お問い合わせはコチラ

関連記事

【これだけ情報源vol.7】

【 コラム 】「店舗のZOOM接客が急増」アフターコロナ社会では、いうまでもなく「非接触型」ビジネスが拡大していきます。そのひとつの流れが非接触型接客とい…

  • 31 view

【これだけ情報源vol.3】

【 コラム 】「お勧めのWEB会議システムは」コロナショックを受けてリモート勤務が急激に増えてきました。各社WEB会議システムの導入を考えられているかと思…

  • 162 view