2018年 新卒採用活動がスタートしています。

ここ数年は新卒採用のポータルサイトを利用し説明会を行い、母集団を形成して選考会へと流れを作る一般的な採用活動でしたが、今年からダイレクトリクルーティングを行っています。

具体的には、オファーボックスという学生さんたちが登録しているポータルサイトを閲覧し、プロフィールや地域、希望業種や職種で当社からオファーして、実際に訪問していただくという活動です。

一人ひとりへのアプローチややりとりに手間暇はかかりますが、その分関わりは濃密で実際に10名近くの学生さん達が訪問してくれました。

そして、本日は2017第1回目のダイワインクス体験型インターンシップを開催。

mainvisual-bnr_intern

http://internship.daiwa-inx.com/18s/

題して、「五味耕太郎商店を救え」(笑)

これからも数回開催の予定がありますので詳細は割愛しますが、なかなか楽しんでくれたようです。

今年の「採用プロジェクトメンバー」が練りに練って考えてくれました。

P1270127

社運をかけて新商品を開発したが、売り方がわからずに途方に暮れていた五味耕太郎商店の店主に、参加した学生さんたちが販売促進のプランを提案をするという企画。

商品の特性やターゲット等に関して学生さんからヒアリングを受け、そのネタをもとに学生さんで販促を企画。当社のスタッフがフォローしながらチラシや動画、ランディングページ(ホームページ)を制作し、プレゼンテーションしてもらいます。

P1270136

皆さん、明朗快活にして優秀です。プレゼンの内容もプロモーションの的を得ています。

P1270144

勿論、チラシやLP制作、動画撮影に編集もその場で行います。実際の仕事もこれくらいのスピード感で行えば売上ももっと伸びるんだろうなぁ・・・(笑)

P1270142
サポートしてくれたスタッフのみんなも、学生さんたちのプレゼンテーションを自分のことのようにドキドキしながら見守っていました。

せっかく来てくれた学生さんたちに楽しんでもらおうと、命を懸けで頑張る当社スタッフたち。「共に喜び、励まし合い、最高の場をつくろう」という姿勢が根付いてきました。

参加してくれた学生の皆さん、ありがとうございました。弊社のスタッフや考え方に共感してくれた方は是非エントリーをお願いします。

そして、ダイワインクスの愉快な仲間たち、毎回ホントよくこんなこと考えて実行するよねぇ。(笑)
みんな最高!本当にありがとう!

PB250193

採用プロモーションプロジェクト

略して「採プロ」
実に安易なネーミングでイイですねぇ(笑)。

今年の採用プロジェクトは、新卒採用だけが目的ではなく、新卒採用をダイレクトリクルーティングで成果を作り、そのノウハウをお客様に提供していこうという趣旨のプロジェクト。

現在の4大新卒リクルート活動は、殆どの企業がリクルーティングのポータルサイトに頼っているのが現状です。勿論、学生さん全員が見ているわけですが、採用が困難になればなるほど掲載企業も増え、競争率が高くなればなるほど中小企業や不人気業種の採用状況は困難を極めています。

そこへ、エリアや大学を特定したダイレクトプロモーションによって母集団形成ではなく、ワントゥーワンの関わりで学生さんたちにしっかりと会社の良さや雰囲気を伝えて採用に繋げる差別化戦略です。

勿論、採用の専用サイトや画像、ムービーなどのツール(武器)も大切ですが、戦場自体を差別化しようというもの。

まずは、自社でのテストランを重ねてノウハウをしっかり蓄積し、コンバージョン(効果や成果)を高めていきます。

今回のプロジェクトは、今年の新卒社員や中堅社員の若手のみで構成。やはり就活者に近くなければ彼等のマインドは理解できません。そして、一番の目的は若手社員の成長と育成です。

成長するには、OJTやOFF-JTなど知識や実践の場があります。こういった学習は成長に欠かせませんが、自分たちで企画し、実践と検証を重ねて成果を作っていく”実戦”が一番の成長の場だと確信しています。

ミーティングに片隅で参加しましたが、やはり管理職や先輩社員に遠慮することなく、のびのびと積極的に意見交換されていました。こういう社員が成長している光景は見ていて微笑ましく、とてもうれしくなってきますね。

ホームページに動画やパンフレット制作にサイト分析などやることは多いですが、先が楽しみです。

私もよく経営者の方々とお会いしますが、ここ数年一番の悩みは”人手不足”と”人材育成”と仰る方が大半です。恵まれていることに、何故か我が社は採用活動はとても成功しているようです。 
あとは、育成ですね。

まずは、自分育成かな。ここは頭が痛いところですが・・・(汗)