国家の品格

DSCN3098

筑後中小企業経営者協会 3月例会は、個人的にもファンである藤原正彦氏の講演会。

この類の書籍では珍しくベストセラーになった「国家の品格」の著者であり、御茶の水大学名誉教授でもあります。初めて本を手に取った際は歴史が専門だと思っていましたが、日本でも有数の優秀な数学者なんだとか。

結構な数の著書を愛読していたので講演内容はほぼ想像どおりでしたが、思想や歴史観だけでなく、経営者としても学ぶべきことが多いと感じます。

「戦前の日本の強みは技術力と家族経営である」
「企業は株主のものではなく、経営者と社員のものである」
「規則は弱者を守るためにある」

などなど、重みのある言葉を軽快に話される氏の講演は共感するところが多いですね。

国柄で大切なことは幼少の頃より英語学習を取り入れることではなく、国語が最も大切。確かに、あと10年もすればグーグル翻訳とスマホがあれば世界中旅行しても不自由のない時代が来るでしょう。
 
先進国の中では毎年学生の学力が落ちている日本ですが、江戸時代にはイギリスでも20~25% 朝鮮では2~3%だった識字率(読み書き)は日本では50%を優に超えていたとか。

「英語なんか勉強する時間があったらしっかり国語を学び、本を読んで涙を流して感受性を磨き、芸術と自然に触れて野山を駆け回ってケガすることも大事。友達と喧嘩もして、人としての痛みがわかってこそ人間性が育まれる。」全く同感です。

以下、忘備録として記載します。

・数学を学び論理的思考を鍛える
・日本の判断基準は法律ではなく、ご先祖様やお天道様に顔向けできるかなどの道徳心
・イギリスの新聞記者 エドウィン・アーノルド
 日本の景色、美意識、道徳心、礼節、美的感受性は世界でも稀である
・日本の四季、植物の種類の豊富さは氷河期がなかったため、種が保たれた

世界でも類まれなモラルで成り立っていた日本も、いつの頃からかすっかり欧米化して法治国家になりました。講演を聴いて、本物の自由とは自律であると実感します。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です