環境整備

昨年より取組を始めた環境整備。「朝の掃除」と異なるのは、目的が職場をキレイにするだけではなく、整理・整頓・清掃を担当する場所と時間を決めて行い、「仕事がしやすい環境を整える」こと。

14 

こちらは給湯室の棚の中。使用する洗剤等を見えるように配列し、何がどこにあるのかを「見える化」しています。先日、業務のSさんが給湯室に籠って何やらゴソゴソとやっていましたが、こういうことだったんですね。

モノだけでなくスペースにも表示し、戻す際も決められたスペースに戻すという当たり前のことを当たり前にできる環境を作ります。

34

使用してなくなったら、発注カードを発注カード入れに入れて、担当者が発注するという簡単なしくみですが、徹底するとなると簡単ではありません。

44

スペースには品名、容量、金額を表示しています。

58

社員通用口の退館ボード。
「子供じゃあるまいし・・・」なんて思う人もいるかもしれませんが、電車やバスの運転手さんが手を動かしての左右確認と同じ考え方です。

16

傘立ても部門のスペースを決めています。

42

工場内の掃除用具も設置場所で色分けし、それぞれ場所と道具に表示しています。これだと、使用した後に戻す場所が明確でわかりやすいですね。

徹底できているというレベルではありませんが、少しづつ環境整備の考え方が浸透し、社員のみんなが考えて行動してくれています。

私は、「環境整備をやる」と決断し、社員のみんなと一緒にベンチマークすべき企業様に訪問して見学させてもらう段取りをつけただけ。勿論、仕事ですから活動は就業時間内に行います。

こういう細かく面倒なことも習慣化すると定着してきますね。定着していくには、社内にコミュニケーションと協働の自発性というベースがあってこそ。できていないことは、社長や幹部の関わりや信頼関係が不足しているんでしょう。

私の社長としての力量不足で組織としてはまだまだ発展途上ですが、自発的に提案し行動してくれる社員が増えてきました。本当にありがたいと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です