コア・コンピタンス

コアコンピタンス

今年もとうとう研修が始まりました。今回は昨年受講した「業績アップ6か月コース」の上級コース。

業績アップでは、現状での業績の上げ方、即ち戦術を学びました。勿論、決してすべてを理解できたわけではありませんので、今年もT部長とO課長代理が継続して受講してくれています。

業績アップ上級コースでは、「戦略」を考えます。あえて「学ぶ」ではなく「考える」としたのは、企業にとって非常に重要な「戦う武器を決める」ことに値するから。

私達が社会人になった30年前、給料の大半を好きなクルマに注ぎこみ、デザイナーズブランドのファッションに身を包みたいがために頑張ったものですが、現代では若者のクルマ離れが進み、「モノ」の時代が終わりを告げようとしています。そして、消費者は「コト」に価値を見出しています。スマホのゲームやアプリも同様でしょう。

印刷ブツという「モノ」ではなく、いかに「コト」に繋がるコンテンツを提供できるか。

そして、大切なことは研修で学んだ、考えた「コト」をどのように具体的に実行していくか。そうでなければ研修が仕事になってしまいます。人財育成は投資ですから、かけた時間と費用に対して数倍の成果を出さなければなりません。勿論、すぐに効果があるものもあれば、じっくりと時間をかけなければならない場合もあります。

投資という観点で考えれば、「何を武器にするか」即ちどのようなビジネスモデルで戦うかは、エネルギーや時間、費用といった経営資源を集中しなければ資源の少ない我々中小企業では投資効果は期待できません。

我が社にとってのコア・コンピタンス(核となる能力)は何か、お客様から見た強みは何か、その強みは他社を圧倒するものか、他社にないものか?他社に簡単に真似できないものか?

こうやって悶々と問い続けると頭がおかしくなってきます。まだまだ鍛え方が足りませんね。常に意識していないと、すぐに我が社目線になってしまいます。どうやったら利益が出せるか?そもそもそんなこと可能なのか?

案外、答えは我々が気づかない開かずに扉の中にあるのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です