_MG_0529 

弊社で制作している就活情報誌「くるめで働こう」 で、「経営者と語ろう」という企画を開催しました。

私の知り合いの優秀な経営者にお声がけさせて頂き、不肖わたくしも末席での参加です。

弊社スタッフも設営に配慮が行き届き、司会や進行も立派にやり遂げてくれました。本当に立派になったもんです。社長の顔が見てみたい(笑)。

受付から開始時間まではスタッフが学生さんの緊張をほぐそうと声をかけたりして場を和ませてくれていました。90分は長いかな?と思っていましたが、始まってみるとあっという間に終了。

_MG_0590

学生さんの参加者は近隣の大学4年生が4名に短大1年生2名という構成。

短大1年生は来年から就活がスタートしますが、就活が終了した4年生が4人も参加してくれたことから、彼等がいかに社会人としてのスタートを真摯に受け止めているかが伺い知れます。

東京の大手企業に入社して世界で活躍したいという大志を持つ方や、地元企業でしっかり根を下ろして地域を活性化したいという方など、いずれにしても大きな希望を持ち、本当に驚くほどしっかりしています。

自己紹介や参加動機、質問やコメントも素晴らしいもので、期待を遥かに上回って大いに盛り上がり、最後は感激して涙する学生さんまで・・・。

彼等に共通していたのは、ビジョンをしっかりと持っていたこと。そして、自分は何に向いていて、どういう仕事に就きたいか、どういう会社に入りたいかの基準が明確だったことです。

そういう意味では、20代前半にして「自分のものさし」をしっかりと持っているとも言えます。

その「自分のものさし」とは、表現を変えれば「価値観」とも言えます。価値観とは、仕事観や人生観にダイレクトに影響をもたらすとても大切なものだと考えています。

特にこれからはAIによる技術革新に拍車がかかるでしょうから、中途半端な技術よりもセンスや想像力といった「感性」と「価値観」などのヒューマンスキルがビジネスの中心に据えられるのではないかと思っています。

_MG_0541

同年代の子供を持つ身ですから、自分の子供とダブって見えてしまい、ついお説教じみた話もしてしまいましたが、彼等の方が百倍以上真剣に聞いてくれていたように感じました(汗)。入社された企業で成長していって欲しいと願うばかりです。

御参加頂いた楠病院の吉永常務理事、森山工業の森山社長、本当にご協力ありがとうございました。

また、学生の皆さんには大きな刺激と希望を頂きました。

そして、スタッフのみんな、素晴らしい企画と設営に感謝です。本当にありがとう!

PB250193

採用プロモーションプロジェクト

略して「採プロ」
実に安易なネーミングでイイですねぇ(笑)。

今年の採用プロジェクトは、新卒採用だけが目的ではなく、新卒採用をダイレクトリクルーティングで成果を作り、そのノウハウをお客様に提供していこうという趣旨のプロジェクト。

現在の4大新卒リクルート活動は、殆どの企業がリクルーティングのポータルサイトに頼っているのが現状です。勿論、学生さん全員が見ているわけですが、採用が困難になればなるほど掲載企業も増え、競争率が高くなればなるほど中小企業や不人気業種の採用状況は困難を極めています。

そこへ、エリアや大学を特定したダイレクトプロモーションによって母集団形成ではなく、ワントゥーワンの関わりで学生さんたちにしっかりと会社の良さや雰囲気を伝えて採用に繋げる差別化戦略です。

勿論、採用の専用サイトや画像、ムービーなどのツール(武器)も大切ですが、戦場自体を差別化しようというもの。

まずは、自社でのテストランを重ねてノウハウをしっかり蓄積し、コンバージョン(効果や成果)を高めていきます。

今回のプロジェクトは、今年の新卒社員や中堅社員の若手のみで構成。やはり就活者に近くなければ彼等のマインドは理解できません。そして、一番の目的は若手社員の成長と育成です。

成長するには、OJTやOFF-JTなど知識や実践の場があります。こういった学習は成長に欠かせませんが、自分たちで企画し、実践と検証を重ねて成果を作っていく”実戦”が一番の成長の場だと確信しています。

ミーティングに片隅で参加しましたが、やはり管理職や先輩社員に遠慮することなく、のびのびと積極的に意見交換されていました。こういう社員が成長している光景は見ていて微笑ましく、とてもうれしくなってきますね。

ホームページに動画やパンフレット制作にサイト分析などやることは多いですが、先が楽しみです。

私もよく経営者の方々とお会いしますが、ここ数年一番の悩みは”人手不足”と”人材育成”と仰る方が大半です。恵まれていることに、何故か我が社は採用活動はとても成功しているようです。 
あとは、育成ですね。

まずは、自分育成かな。ここは頭が痛いところですが・・・(汗)