P1170432 

かねてよりお願いしていた森山工業さんの3S活動を視察させて頂きました。

森山工業の森山社長とは筑後中小企業経営者協会で同世代のとても真摯で前向きな経営者ということもあり、かねてより親交がありました。以前、協会の取り組みで訪問した際に、その徹底ぶりに感心させられ、私から懇願して実現したのでした。

やはり、百聞は一見に如かず。現場を見るのが一番です。

まずは、3S活動の趣旨と目的の説明を聞き、工場から事務所まで包み隠さず見せて頂きます。

P1170459 
 

1グループ10人程度に分けて、社員の方々がアテンドして説明して頂きます。こういう活動は一見生産性がないように思われますが、会社を見てもらい自ら説明することで社員さんのモチベーションが上がり、一層活動に力が入るようです。

P1170453 

工場内の画像は製品等もあるので控えさせて頂きますが、すべての部署が整然と整理整頓され、「見える化」が徹底されています。

P1170456

事務用品も使用頻度によって、共有すべきものと個人で管理するものが分けられて、手作りの専用ケースとすべての用品に表示がされています。

P1170463

掃除用品もご覧のとおり。品名と番号、配置側にも同様の表示と適正在庫数や発注先や発注方法、単価までが細かく表示されます。

P1170475

工場内の改善シート展示スペース前で説明を聞く弊社社員たち。

社員の方々より提出された改善案は社員による投票で年間表彰され、金一封を渡されるなどモチベーションアップにも工夫がなされていました。

P1170491 

工場内の消耗品置き場のご覧のとおり、手作りで専用のキャビネットに
細かく仕切られ整然と並べられています。価格まで表示することで、経費に対しての意識も高まるのでしょう。

最後に森山社長より、活動のいきさつが語られました。活動前は不良品が多く、工場の床にツバを吐いたりたばこの吸い殻が落ちていたりと、とても褒められた状態ではなかったとのこと。

前社長からは、「そげん掃除ばっかりしてなんなっとか!」(そんなに掃除ばかりして何になるんだ!)と叱咤され、協力的な社員さんも少なく悪戦苦闘されましたが、信じて粘り強く社員に訴え率先垂範を継続することで少しづつ歯車が回っていったようです。

次第に不良品と納期遅延、残業が大幅に減ったことで収益も改善されてから、この活動に確信と自信を持たれたようです。それからは、視察依頼が増えることで社員さんのモチベーションが上がり、社員さん自らが考え実行する組織になられたようですが、森山社長は「まだまだです」と謙遜されます。

この謙虚さと真摯さが組織を成長へと導かれるのでしょう。レベルが上がれば、違う景色が見えます。上がったからこそ、もっと優秀な企業や取組が見えてきます。

特にこの時流の激しい時代に、安心してその場に留まることは後退を意味します。学ぶべきことばかりとても有意義な視察でした。

森山社長はじめ社員の皆さん、本当に貴重な体験と時間をありがとうございました。

パクれるものは大いにパクらせて頂きます!(笑)

マインドマップ

 

今回の社員Tさんによる社内OJT新人研修は「マインドマップ」なるもの。

マインドマップとは、思考・発想法の一つで、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツール。

表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中心に置き、そこから放射線状にキーワードやイメージをつなげていくことで、思考を整理し、発想を豊かにして記憶力を高める為に想像力と連想を用いて思考を展開するというもの。

デジタル化社会になって久しいが、思考や物事の整理には「紙と鉛筆」が一番。僕もプレゼンのストーリーや細かい資料作成のアウトラインを決める際は「裏紙」にボールペンか鉛筆で書くことが多い。

この研修では、「私は何者か」という問いかけを紐解いていった。勿論、それは永遠のテーマであるし、人間は進化する生き物ですから経験や生きた年数によって変化していくでしょう。しかし、何かの節目や目的を見失いそうになったときには、「原点回帰」の意味でも有効なツールでしょう。

しかし、引き出しの多さと深さはとても20代とは思えないほどTさんのスキルは高いと感じます。それは、受講生の新人に対してしっかり「自己開示」をされたことでも伺えました。

何故なら人は人から受け入れられるには「自己開示」が欠かせないと思うからです。特に自分にとって恥ずかしいことや、過去の出来事をさらけ出す事で、より親近感が生まれます。

また、自己承認にも自己開示は絶対条件です。そして、自己承認できなければ、他者承認も難しいでしょう。

マインド1 

まず、自分の氏名を中心に書き、血液型や干支、信条や大切にしていること、特性や性格を放射線状に書き、連想されることを紐づけしていきます。「アホ」ばっかりやっているバカ丸出しの僕でも、半面「クールに見られたい」との欲求もありますし、達成感を得たいとか、もっと高い景色を見てみたいなどの欲求もあります。

日常の生活だけではなかなか冷静に自己分析はできませんから、新人のみんなにとっても、勿論私にとっても貴重な機会を得ることができました。

Tさん、本当にありがとう!

宿題に「仕事をする意義」を出されましたので、次回までに自分を俯瞰視してみたいと思います。