003

1月の目標カード発表会。

先月までは、全社員の目標と進捗がファイリングされたペーパーを見ながら、内容に応じてプロジェクターで資料を投影しての発表でしたが、今回から新兵器「書画カメラ」を投入。これによって、出力したペーパー資料のすべてをプロジェクターで投影できます。

書画カメラ価格は予想よりも高額でしたが(以外とケチ)、下を向いてペーパーを見ながらの発表よりも随分活性化し、思っていたよりも効果的でした。

これも社員さんからの改善提案です。
予算や費用対効果、時間対効果もありますから、すべての提案が実行されるわけではありませんが、実行できそうなものは即決しています。

半ば強制的に出してもらっているというのもあるのですが(笑)、毎月30案以上もの改善提案が出されています。

大事なことは、良い提案を書くことよりも、「もっとこうなったら・・・」と常日頃より考えていることをカタチにすること。常に現実を疑問視して仕事に向かう姿勢ですから、大きなことよりもむしろ日々行っている些細なことを推奨しています。

005

制作部 Eさんの発表。グラフやイラストを多用し、わかりやすく、楽しく聞くことができました。

004

生産部のMさんの発表も毎回ブラッシュアップしています。今回もとてもよい発表でした。

こういう発表や改善提案は「考え方」からアウトプットされるもの。人には「個性」があり、それぞれ「考え方」も異なります。例えば、ウチの夫婦の場合「考え方」は相当違います。

僕の思考はインプットが右脳主体、アウトプットは左脳主体のようです。「イメージで捉えて論理的に行動する」。家内はインプット、アウトプットとも「右脳」主体です。「イメージ」したものを「感性」で行動する。僕の整頓は使用頻度の高いモノから順に自分に近い位置に置くのですが、家内は美しさを優先します。僕が使いにくそうにしている傍らで、「こっちのほうがキレイ!」と喜んでいるわけです(笑)。

けれど、なんとか上手くいっているのは、家内の献身的な支えや僕の努力の賜物だけではありません。理由は「価値観」が近いから。

「価値観」とは、生きていく上で何を重視するかという根本の部分。つまり「生き方」だと思います。
「考え方」とはその時々の思考や判断。つまり旅に出るときに、「どこにいくか」という目的地が「価値観」であり、決めた目的地に「どのようにしていくか」が「考え方」だと思います。

「考え方」や「個性」の違いは大いに結構。たくさんの意見や考え方を交え磨き合うことで、人や企業の成長は促されます。しかし、「価値観」が異なれば、夫婦や組織のように密度の高い人間関係を培っていくのはかなり難しいでしょう。離婚の原因で頻繁に聞く「性格の不一致」とは、「価値観の相違」である場合が殆どではないでしょうか?

企業にとっての「価値観」とは、「経営理念」であったり「社是」や「社訓」でしょう。殆どの中小のオーナー企業の場合は「社長の価値観」がそのまま企業の「価値観」になる場合が多い。

「価値観」は正しい、正しくないではなく、「どのような会社を目指すのか」という目的地です。この「価値観」を全社員が共有している会社は、皆が同じ方向を目指すのですから、当然「強い」わけです。よく言われる「社員の結束の固い会社」とは、こういう会社のことだと思います。

今年は、手間暇はかかりますが、知識や時間、体験を共有して「目指すべき会社」へのスピードを上げていきます!ご期待ください。

クルメの休日-横

相変わらずアホな夫婦(笑)

ここ数年の我が家の年賀状は、家族の写真を社内でデザインしてもらってます。まぁ職権乱用ともいいます(笑)。毎回の撮影でお世話になってるのは、旧知の友人でヘア&メイク Sipのオーナー、トイチさん。彼の写真はヘアスタイリングと同じで「わざとらしさ」がなく、なんとなくよく纏まって心地イイのです。

今まで家族写真でしたが、学生の二人の娘はアルバイトと部活で撮影のタイミングが合わないことから、今年から二人の写真。で、映画をモチーフにしたシリーズ化の第1弾。そのシネマタイトルは・・まぁ見りゃわかりますわね。

デザインは弊社制作部のコンちゃん。毎回素材の写真を活かしてセンス良く仕上げてくれます。まぁ、いわゆる職権乱用です(笑)。こうやって形になると、つくづくこの仕事は面白いなぁと実感します。

パロディって表現のサジ加減が意外に難しいんですよね。アホな事はいい加減にやるとつまらないし、真面目過ぎると笑えない。今回は見てくれた人が「・・・クスッ」っていうのを意識したのですが、いかがでしょうか?

こんなアホなことを真面目に面白がれるって、仕事ではとても大切だと思っています。世の中には「面白い仕事」って存在しないと思うんです。どこまで自分が「面白くできるか」「楽しめるか」が能力の差、プロとして継続していくには不可欠なスキルかもしれませんね。

毎年、12月は繁忙を極めます。昨年は多少スムーズに流れたように思いますが、まだまだボトルネックだらけです。ボトルネックの原因を改善することで、作業的な業務はできるだけ効率を上げ、「お客様が求める付加価値」を高めていかなければなりません。

有難いことに、弊社は勤勉なスタッフに恵まれています(まぁ、時折、コイツ~ッ!ってなこともありますが・・笑)。しかし、その真面目さが裏目に出ることもある。

4Mと呼ばれるMaterial(資材)・Method(方法)・ Machine(設備)・ Men(ヒト)の中で、よくある誤解が「やり方」や「しくみ」を改善すべきなのに、マンパワーでなんとかしようとしてしまう。或いは、そもそもやるべきことではなかったりと・・・。

まずは、業務の棚卸ですね。トヨタの問題解決は「なぜ?」を5回繰り返すらしい。そうすることで真の問題が見えてくる。問題の表層だけを見ていても、深堀しなければ根本解決にはならないケースが多いように思います。

そして、仕事が楽しくなければ、人生が楽しいはずはありません。僕が仕事を楽しいと感じる時は・・・

①成果が得られている(実績や目標達成)
②自己の成長を確認できる
③自己重要感を得られている
④お客様や仲間に認められている
⑤儲かっている(笑)

これって、どれも外すことができない条件ですよね。
勿論、ツライこともたくさんありますが、上記のことを意識することで、仕事って自分を高めるツールになると思うんです。勿論、人間は生活していかなければなりませんから、生活の糧は不可欠です。しかし、「目的」が食べるためだけの「ライスワーク」からは、従事する側も提供される側も魅力や「生きがい」を感じることはないでしょう。

2015年の抱負
「仕事を楽しむ!」

まだまだ問題だらけではありますが、こうやって無事に2014年を楽しく過ごすことができたのも、お客様と社員さん、お取引先様のお陰様です。本当にありがとうございました。

社是である「共尊共栄」を忘れずに、2015をエキサイティングな年にします。