DSCF0603

先週、上海に行ってきた。正確に言えば上海経由でお隣の安徽省の合肥という州都。日本で言えば県庁所在地でお隣と言っても500kmはある。さすが中国。

初日は飛行機、タクシー、新幹線と乗り継ぎ丸一日移動。二日目は丸一日で仕事して3日目に帰るという2泊3日の貧乏暇なし強行軍。

当社は中国より研修生を受け入れている。2年前に派遣された研修生が来年帰国するので、補充のための実技試験の立会いと面接が目的。研修生といえども、中小企業の当社にとっては大事な戦力であるとともに、3年間を一緒に過ごす大切な仲間なのだから、面接だって人任せにはできない。

DSCF0598

13人の候補者の中から、一人ひとりしっかり面接をして5人に絞り、最終的に2人に決定。

DSCF0597

ともに経験者で、真面目で誠実、若くて明るい二人。見ているだけでなんとも微笑ましい。

DSCF0601

無事、採用が決まり、その日の夜は宴席で送り出し機関(人材派遣・研修機関会社)の許社長と。

中国の人は酒に強い人が多く、許社長もご他聞に漏れず40度以上のウオッカのようなお酒を何度も何度も一気呑み。中国人はとにかくよく食べ、よく呑む。まさにエネルギッシュだ。

お酒が飲めない私は、これが一番苦痛だったりする。今回は随分お許し頂いた。

この社長、元中国共産党の軍人でとにかく体も気持ちも心も強い。日本人のマナーやモラル、考え方が好きで学ぶことが多いと言ってくれた親日家でもある。

確かにマナーやモラルはデタラメな人が多いし、考え方だって相容れない部分が多いと思うが、当社の真面目で思いやりのある研修生を見ていると、教育の大切さを改めて感じる。

反面、日本人が持っていたはずのハングリー精神、逞しく生きるエネルギーを感じる。

DSCF0613

この国が日本人の持つホスピタリティやサービス精神を身につけたら、素晴らしい国になるだろうが、そうはならないだろうな。

研修生には3年間で日本語や印刷技術は勿論、日本の素晴らしさも学んで帰国して欲しいと願う。

DSCF0616

昨日は西日本経営者会議の7月例会に出席。この会は10年ほど前に気心知れた経営者同士で結成し、毎月担当を持ち回りで勉強会を開催している。

今月の担当は江崎食品の江崎専務。

DSCF0617

このさわやかなルックスと丁寧な言葉で歯に衣着せぬ話を早口で捲くし立てる。
彼の会社はお弁当や惣菜を製造・販売する会社で、スーパーや生協などに卸したり、スーパー内に自前の店舗も持っている。年々材料比率は上がり、販売価格は下がるという不況構造を何とかしようと奮闘しているそうだ。

そのわりにはいつも儲かって仕方が無いといったさわやかな笑顔が印象的。

彼の業界や会社説明のあと、メンバーそれぞれの業界や会社の現状やこれからの展望を話し合った。

その隣で睨めつけてるのは西日本産業の今村社長。彼は今月決算報告。そう、この会は会員規定に年次決算報告が義務付けられているという恐ろしい会なのだ。

〇税しまくってもまだまだ利益が残るという素晴らしい決算内容に、ヒガミやヤッカミともとれる質問攻めに少し参った様子。

DSCF0624

時計、保険、測量となかなか厳しい現状の3人を尻目に、いきいきリハビリケアの深井社長はまだまだこれから大きくなるマーケットに意気揚々。

DSCF0625

と、まぁこんな具合に気心知れた経営者同士、和気藹々と楽しく経営を学ぼうというのがこの会の趣旨。
今月も沢山のヒントをもらって帰りました。

とにかく、「どんなに業界や外部環境が厳しくとも打つ手は無限にあるのだ」というのが今月の結論。

江崎専務はじめ、みなさんお疲れ様でした。