昨日の2月18日は1月から始まったインターロジックの2回目のセミナーでした。実は、開始時間を間違えて2時間も早く会場へ行ったのは、ここだけの話。我ながらツメが甘いねぇ。

とりあえず、本谷課長が近くの得意先様に連絡したら、私がご挨拶していなかった先様にアポがとれたので、営業ができたのはよかったけどね。

DSCF0374

セミナー終了後の少しざわついた雰囲気。
毎回こんな感じで、5社、20人程度で行われています。

インターロジックという会社はインターネットを通して印刷事業を構築するコンサルタント会社です。

我々はこのセミナーを受講し、インターネットやビジネスモデル、スキーム、営業スキルを学んで1年間で事業を立ち上げていきます

インターロジックの原田社長はとにかくインターネットに精通し、その知識やスキームを作るスキル、論理的な思考と行動力には驚かされています。

DSCF0375
中央のシャツ姿が原田社長

今回のセミナーも参加者全員が「目から鱗」です。

①ダイナミックパブリシング、クロスメディアパブリシング
②HTMLの可能性
③ウエブマーケティング
④SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)ウエブ検索によるマーケティング分析
⑤営業設計

今回は主に上記を学びました。

インターネットも科学なら、営業も科学。

今回も唸らされました。そして、自分の考え方や方向性が間違っていないことも確信しました。

学んだことをしっかり現場に落として実践し、成果をつくっていきます。

次回が楽しみです。

P.S 原田社長から褒められて上機嫌の本谷課長でした(笑)。五味

社長の五味です。

昨日2月15日は西日本経営者会議の例会でした。
西日本経営者会議とは、約10年前地元青年会議所のメンバーで自主的に勉強会をやろうと集まった同士で作った任意団体です。

現在では久留米を中心に青年会議所のOBに限らず、30代の若手経営者から50代までの経営者の15名程度で構成されています。
毎月、メンバーで例会を担当し、昨日は東建工業㈱常務取締役の古賀紳也さんの会社と個人の生い立ちの紹介でした。

建設事業、産業廃棄物事業、アグリ事業、エコ事業と幅広く事業展開され、それぞれの事業が関連づけられ、ビジネスモデル、スキームもしっかりしていて感心しました。
講師をお招きして講演して頂くこともあります。

12月はY-CUBEの福岡支店長 坂東さんをお招きして就活について、企業のブランディングについて講演いただきました。

01

02

採用で大事なことは、面接者に「欲しい人材を口説けるコミュニケーションスキルとビジョン、人間力があるか」ということでした。

確かに大手企業の面接官の多くは総務畑で、本当に欲しい人材を口説けるほどのコミュニケーションスキルを持たない人が多いということでした。「企業は人なり」です。弊社のような中小・零細企業はトップが率先して、幹部社員とともに採用や社員教育にも力を入れていかなければならないと再認識しました。

明日はICSP(インターロジックさん)のセミナーです。しっかり学んで、スキームを構築していきます。